FC2ブログ
2007-09-02-Sun-14:32

手がかりを求めて

こんにちは。
早いもので9月。
もう秋、冬・・・。一年は、早いのかな?

さて、今週はより米経済指標が注目されよう。
6月下旬から始まった一連のサブプライム問題・。
その影響がアメリカの経済にどこまで、どのくらい影響を及ぼしているのか、そうでないのか?
把握できるのか、どうか?

そう言った意味で今年後半は、欧州・豪州、カナダ等の経済指標に注目度がアップするだろう。
今週に限っては7日に発表される8月の雇用統計。4日の米供給管理協会(ISM)製造業景気指数、6日のISM非製造業景気指数。

バーナンキFRB議長をはじめブッシュ大統領が借り手救済策を示し、あらゆる手段を講じると言明。
その手がかりとして上記の経済指標が少なからず、米金利の引き下げが必要かどうかといったことについての手がかりが得られるとみられている。また、経済全体が圧迫されていることが示唆されるかどうかという点で注目。


しかし、投資家を救済しないと発言していることから、市場の混乱は収まらないだろう・・。
どちらの方が大きいか、金融工学が生み出した投資リスクの再分配化されどこまで、どのくらい、行き渡っているのか調べようがないのが実情だろう・・・。

元を正せば、かろうじて食い止めることも可能かもしれないが、新たな矛盾を生む可能性も否定できないと思う・・。

今週も、消費天国の米国の株価動向、午後からは米先物株価指数なるグロベックスなるもとにらめっこのようだ・・。

9月18日のFOMCまで波乱・・。
やれやれ、参ったなぁ・・。

疲れそうな、方向感がない往来相場か・。

今週もよろしくお願いします。。
では、また・・。

ぐたっり・・。
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME