FC2ブログ
2006-12-23-Sat-05:27

12/18~22までを振り返って!

12月18日からの一週間、出来事。
18日。
 イベントを控えて模様眺めのアジア時間。欧州勢参加後、欧州通貨を中心にドル売り・買いの揺さぶり。

 米国の経済指標を前に自滅。3Q経常収支過去最大となり、一時ドル売り。しかし、最近の欧州通貨、やや買い疲れと利食いか、またやユーロ/ドルのトリガーを狙いにか、対主要通貨でドル買いに。
 
 しかし時を追うと膠着感が漂う。NYK午後のNAHB住宅市場の3ヵ月ぶりの悪化を受け再びドル軟調になるも、結局方向感がつかめないようだ。


19日

 ほぼ市場関係者の予想通り利上げ見送り。総裁記者会見がいけなかった。一気に円安に。ドイツのIFOの発表が好結果。ドル売りを誘発。クロス円は、軒並み円安へ、売り売り・・。

 米国の経済指標も建設許可を除いて予想を上回る好結果。一番弱い“円”だけがまたもや売りへ。やれやれ。

 ユーロ円の最高値更新中!欧州債(ドイツ債)は、2年債11日続落、過去15年で最長の下げ、利回り2002年7月以来の高水準。IFOがきっかけ。投資家の中には利上げ回数が増えるのではとの思惑。

 ポンド/ドルも、英国債2年債が下落。4年ぶりの高水準近くを維持した住宅価格指数、BOEが追加利上げを継続する必要があるので?円売り、ドル売り、そして欧州通貨や高金利通貨が上昇。円安はもはや止まらないよ・・。

 商品相場は、反発。金相場は、625.40ドル(+7.50)、原油は63.15ドル(+0.94)

 20日
 ちょっと飽きたようだ日銀の物語・ECB関係者からの支持発言。日中小動き。ただクロス円は元気ユーロ/円は156円台に上昇し、ユーロ導入以来の高値を更新した。ポンド/円は約8年ぶりに初めて233円台に乗せ。

 しかし、いつか来た道、欧州通貨の下げ。AUD/円は93円前半まで上昇、約9年ぶり高値を更新。さらに、NZD/円は82円60銭へ上昇、2005年12月以来約1年ぶりの高値をつけた。
  ただ引け際の3QのGDP悪化で、乱高下後急落。

 そろそろポジションを手締め。休みたいようね・・・、クリスマスだもんね。

 ★イラン選挙、現大統領の反対勢力が躍進、過半数を獲得へ!!!
 原油:63.72 続伸0.57
 金先物:624.30 ▼1.10、ダウ一時12498.31ドルを、

 21日

 数少ない日本を期待させた物語があえない結末となり、また、海外市場の休暇を控え全般に円安のながれのまま。

 ロンドン時間に移ると、もう我慢できない人たちの利食いが、欧州通貨のクロス円を中心に活発。これでやっと気持ち動いた。でも売り過ぎたのか、NYKの早朝、水準を戻す。

 フィラデルフィアの結果で気持ち、波乱に。でも、参加者がいない。

 ラッカー総裁発言でややドル売りかな?全般に小動き、動意薄の相場展開に午後からは。

 投信の設定,藤井次官発言等も少しあるのかな・・・・、後付のことが多い世界ですからね。原油・金と商品相場が続落気味。休みモード、プンプン。来週からですね、本番は・・。

 原油:62.66 ▼1.06、金:621.60 ▼2.70とそれぞれ引けました。

 22日
 じりじり円安。今週はこの流れを持続。日中から欧州にかけて。決定打は、ミシガン大学の指標。上方へ。一気にドル全面高。でも、へこたれない高金利通貨のAUD/円とNZD/円。

 じりじりと高値を更新。来週以降、どうなるのでしょうかね。欧州通貨は、今回対米ドルの前に急落、円関係もこちらの動きに連れ安。
 
 原油:62.41 ▼0.25、米国の穏やかな天候、ナイジェリアの石油施設 への攻撃拡大で
 金先物:622.30 +0.70


 やはり、今の構図は
 米ドル対欧州通貨、そして金利という武器を持つオセアニア通貨での、綱引きのようですね。


 円、それはいつのことでしょうか。


 今週もありがとうございました。

 良い週末を、そして素敵な聖なる日を・・。



 ちょっと変ったことにトライ、下記アドレスは、音声でニュースを伝 えています。
 http://www.voiceblog.jp/tkyforex/
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME