2007-07-05-Thu-05:11

じっくり、ことこと・・・。

おはようございます。
静かでしたよう~~~~。英国からのニュースは多いけど・・。
「警戒レベルの下げ」
「英国流の住宅ローン慣行のクレーム」と・・。

いつ、どこで、発展するかわかならいけど・・。

ニューヨーク市場の休場もあり、
期待するには少々心もとない、そんな日。
日中から動意に乏しい展開。

小動きながら金利差を背景に売りがジワジワ浸透。このとことろパターンか、午後3時ごろ欧州勢の早番が明日のECB・英国の政策金利発表を前に欧州通貨買い・ドル売りを仕掛けた模様。

ポンドは対米ドルで26年ぶり高値更新。しかしながら、燻り続けるテロの影・。徐々に値を下げた。

 安の流れは、ドルをはじめクロスに波及し続けた。


欧州市場も終盤に入り、トロント市場へ引き継がれるころ、一段の安の場面をむかえた。

ドルは122円50銭を越え、ユーロ円は一時167円台を、
NZD円は95円95銭とあと一歩で100円という大台に。

ドル円も金利据え置きながら貿易収支改善と明るい材料も買い支えか、105円前半、また著しく乱高下をしているカナダ円は一時116円。

 

 そんな中、5日の夜。追加利上げが見込まれている英ポンドの様子がおかしい・・。

売り気配!なぜか、ユーロが買い気配!


 明け方、英政府の警戒レベルが下げられると、値を回復しだした・・。


あとは、取引参加者の減った中、漂いだした・・・。

どこへ向かうのやら・・・。


偏頭痛を早く治したいものです・・。
では、そろそろ退散します・・・。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME