FC2ブログ
2007-03-24-Sat-18:34

26日からの材料は・・。

こんばんは。
風はまだまだ冷たいですね。
桜も気持ち、待ったでしょうか・・・。
さて、26日からの週の注目材料は、、30日に発表予定の2月の米個人所得統計で発表される個人消費支出(PCE)価格指数が焦点。連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注目しており、強い伸びとなれば米金利引き下げの可能性が低下する可能性を秘めているかもしれない。
 またバーナンキFRB議長は28日に議会証言する予定で、FRBの見解に関する新たな手がかりとなる可能性がある。
 米景気減速の兆しを判断する経済指標として、26日の新築1戸建て住宅販売、28日の耐久財受注、29日の第4・四半期国内総生産(GDP)確報値も注目される。

 また、日本も30日の消費者物価指数の発表、年度末と波乱要素になりそうだ。

 また、欧州の夏時間と参入時間が早くなり、シドニーやウェリントンが冬時間と一時間遅くなる。

 このあたりも仕掛ける側の思惑がどうなるか・・?

スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME