2017-04-07-Fri-07:13

動けないか?

新年度になって初めての米雇用統計を今夜迎える予定。今回3月分の発表予定で、非農業部門雇用者数は前月比18万人増が中央値。FRBによる年内の複数回の利上げを可能にするかどうか、注目。また、米中首脳会談の行方も気にかかる。今夜は終わるまで、気が抜けない。ドル円の上値は重い。

一方、ドラECB総裁は、「現行の大規模緩和を修正するには物価上昇率が中期的に目標に戻るという十分な確信を得る必要がある」との考え方を示し、「当面は現在の政策を維持する方針」を示したこと受け、ユーロ売りが進行する場面もあった。一時、ユーロドルは1.0629ドル近辺まで下落。

きょうのアジア市場では、朝鮮半島情勢の行方や、米雇用統計、米中首脳会談などイベントリスクを控え動きは限定的か。


スポンサーサイト
HOME