2016-07-26-Tue-16:12

ドル/円、一時104円台前半へ急落

 26日東京市場では、一時円買いが強まった。ドル/円は一時104.27円前後まで下落。ポンド円が139円台から136円台前半、ユーロ円は116円台半ばから114円台半ばへとクロス円もつれ安となった。

 ただ、27日にCPIの発表を控える豪ドル円は78円台前半で下げ渋っている。日銀・政府への行き過ぎた政策期待が修正されてきているとの見方から日経平均の下げ幅拡大が影響か。日米の金融政策イベント前でポジション調整の動きとの声もあるようだ。

 ユーロドルはFOMCを控え、ドルロングの解消が目立ち1.10台を回復するとストップを巻き込み1.1020付近まで値を上げが、買い一巡後は伸び悩んだ。

 さて、欧州市場が始まった。株価の動向に注意か。他の金融市場の動きにも気を配りたい。ただ、基本は明日以降の日米金融政策の結果待ちだろう。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME