2016-03-10-Thu-15:20

峠を越えたのか


上記画像は日足チャート。
1月半ば以降から進行した円買いの動きも一服か。落ち着きを取り戻しつつあるようにチャートから印象を受ける。
懸案である原油価格の持ち直しや、中国経済の先行き不安が後退したことが、市場心理を好転させるきっかけになったのかもしれない。ただ、目先の懸案事項が解決した訳ではなく、他の材料に関心が向いているだけだろう。
ドル円はレンジ相場をなかなか抜けられれない。誰がつけたか、響きの良いキャッチコピー、アベノミクス。中身は旧態。強烈な金融緩和、遅々として進まない財政再建、財界を巻き込みムード作り。
さて、このあとECB理事会。市場は織り込み済み。ドラギECB総裁の記者会見次第でユーロを中心に一時荒くなりそうだ。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME