2016-02-19-Fri-07:07

陰り

世界経済をけん引してきた米国や中国経済の先行き懸念が市場心理に重い影を落とし始めているとの見方が出てきた。
世界的な景気後退に入るとの声も一部である。その現れか、金融市場は年初以来さえない。
先行きを織り込みながら、ゆっくりと流れを作りだしているようだ。
ドル円の上値は重く。戻り売り水準では売りオーダーが待ち構えているだろう。
週末を控え、きょうは上値の重い展開か、持ち高調整か。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME