2016-02-14-Sun-08:31

答えを求めて!

20160214d.png
2015年12月米FRBは正常な金融政策に戻し、金利を引き上げた。だが、2016年を迎え、まだ二ヶ月足らずの間に世界的な株安、原油安、円買いと金融市場は混乱の渦に飲み込まれた。新春気分が一気に抜けた。
ECBはドラギ総裁が追加緩和の可能性を示唆。ユーロ売り圧力がかかる場面もあった。しかし、米雇用統計が振るわない。追加利上げサイクルに黄色信号かと、市場が推測。
そうした中、黒田日銀総裁はマイナス金利の導入を決定。メンバーの票は5対4と僅差。しかし、結果は裏目に今のところは出ているが、結論を出すのは早計との声もある。
2月11日の海外市場では、ドル円は1年3カ月ぶりの水準となる110円台まで円買いが進行した。そして、12日日経平均は終値で2014年10月21日以来、節目の1万5000円を下回った。祝日中の急速なドル安/円高の進行を嫌気したほか、欧米金融株安などを背景にリスク回避の動きが強まった。
今年は年明けから金融市場はいい意味でも、悪い意味でも動き過ぎる。2008年リーマンショック後、世界各国が導入した金融緩和の影響や、金融工学の進歩により、資金や情報が瞬時に世界を駆け巡る。誰もが一歩でも先にと。
今のテーマは何か。
①米国の利上げサイクル
②中国経済や金融システムの開示不足による市場不安
③原油安の行方
④新興国経済の先行き懸念
⑤書き手の思いがある情報ソースの波乱
こんなところだろうか。不安になれば、安全資産に一時的に逃避する。優良な債券に。金利差に着目すれば、円よりドルだろう。でも、そうならないところが不可思議。
つらつら書いてきたが、年度末に向けて、動きやテーマを整理することが大事ではないだろうか。
明日以降、注目は中国株の動向。連休明けの株式市場の値動き次第で、波乱材料になるだろう。一方、為替市場はアジア株や原油価格の値動きに注視しながら、12日発表の米小売売上高が順調だったこともあり、ドルは主要通貨に対して底堅く推移しそう。ドル円はマイナス金利導入後につけた122円台と110円台後半が直近のターゲットになりそうだ。
20160214c.png
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME