--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-01-29-Fri-07:36

膨らむ期待に…


28日ニューヨーク市場では、ややドル売りが優勢。この日発表された12月米耐久財受注は1年4カ月ぶり大幅減、年末の景気急減速示唆。米経済の先行きに黄色信号が点滅。FRBによる利上げペースが不透明になってきたと受けとられた。
ドル円は一時119円台まで上昇する場面があったが、ジリジリと値を下げた。一方、ユーロは強含みの展開。
さて、きょうの東京市場は、日銀金融政策決定会合を控え、模様眺めになりそう。仲直前後や、中国株の寄り付きあたりで、動くか。
一部では日銀金融政策決定会合で、新たな追加緩和期待もあり、発表後は波乱か。ただ、時間が定かでないため気をもむ。ご用心ください。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。