FC2ブログ
2007-02-07-Wed-22:52

休息

こんばんは。
昨日、一旦120円割れを見ましたが、底堅さを確認したのでしょうか。日中から小動きながら円が売り戻され、円安方向へ.
欧州参加後、一段と円売り加速。新たな仕込みとも・・・。
ドル円、120.50⇒120.73へ
NZD円、82.00⇒82.52へ
ポンド円、237⇒237.99へ
それにしても、こう着状態の近いかな。

明日のトリシェECB総裁の記者会見が注目かもしれません。
政治・外交
 北京で6カ国協議
 昨年12月に約1年1カ月ぶりに開いたが成果のないまま中断していた。
 北朝鮮の出方に注目
 NATO国防相会議(スペイン・セビリア、9日まで)

<国内>
国内経済・指標関係
8:20 成長力底上げ戦略構想チーム第2回会合(内閣府)
   1月貸出資金吸収動向(日銀)
   1月マネーサプライ(日銀)
    対外及び対内証券売買契約等の状況:週次:指定報告機関省)
9:00~  衆議院予算委員会
10:00 春英彦日銀審議委員が静岡県金融経済懇談であいさつ 
10:20 割引短期国債(第418回)の発行予定額等について(財務省)
10:30 15年変動利付国債(2月債)の発行予定額等について(財務省)
     5年利付国債の入札発行について(財務省)
11:00 塩崎官房長官会見
12:45 5年利付国債の入札結果について(財務省)
14:00~ 春英彦日銀審議委員 記者会見
     経済産業次官会見
14:05 岩田日銀副総裁、「第4回沖縄金融専門家会議」であいさつ
15:00 財政制度等審議会財政制度分科会(財務省)
    1月工作機械受注(日本工作機械工業会)
15:15 5年利付国債の第2非価格競争入札結果について(財務省)
15:30 財政制度等審議会財政制度分科会、財政構造改革部会及び
     法制・公会計部会
     合同会議 (財務省)
16:00 1月景気ウォッチャー調査(内閣府)
    塩崎官房長官会見 
16:45 財務次官会見
17:15 財政制度等審議会財政制度分科会、財政構造改革部会及び」   法制・公会計部会
      合同会議 について・分科会長会見(財務省)


企業関係
1 2月期決算=サントリー、昭和電工
4―12月期業績=キッコーマン、日本たばこ産業、ヒロセ電機、三菱重工業、マツダ、オリックス、三菱地所、住友不動産、日本郵船、商船三井、川崎汽船、日本テレビ放送網、ソフトバンク
12月期決算=仏ルノー
10―12月期決算=米ゲートウェイ、台湾・友達光電
ヘラクレス上場=ディーバ


<主な決算>
プライマリー
 [発行条件決定予定]
・丸紅 国内SB 発行額100億円
・東芝 国内SB 発行額300億円
・独立行政法人鉄道建設・運輸施設機構整備支援(期間4年)
    発行額113億円
・独立行政法人鉄道建設・運輸施設機構整備支援(期間10年)
    発行額105億円
[払込日]
・京成電鉄 国内SB 発行額100億円
・大日本スクリーン製造国内SB(期間4年)発行額100億円
・大日本スクリーン製造国内SB(期間6年)発行額70億円
・東京スター銀行国内SB 発行額125億円 
・フィンテックグローバル2012年満期ユーロ円建CB発行額200億円
・Norddeutsche Landesbankユーロ円債 発行額500億円
・国際復興開発銀行豪ドル建て債 発行額5000万豪ドル 
<海外>
9:30  1月豪雇用統計(連邦統計局)
16:00  12月独貿易収支(連邦統計庁)
21:00  英中銀金融政策委員会(金利発表)
21:45 ECB理事会(金利発表)
21:45 1月米チェーンストア売上高(ICSC/UBS)
22:30 ECB総裁の記者会見
22:30 米新規失業保険申請件数(労働省)
0:00  12月米卸売在庫(商務省)
   ポールソン米財務長官が上院予算委員会で予算教書について証言
1:00 米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札条件
3:00 米財務省30年債入札


ベルリン映画祭(18日まで)
台湾の故宮博物院が3年近い大改装を終え全面開館



では、そろそろ失礼します。
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

TRACKBACK

さわかみ投信とは何だ?

人気ながらも秘密のベールに包まれているさわかみ投信とは?(http://ja.wikipedia.org/wiki/さわかみ投信より引用)さわかみ投信株式会社(-とうしんかぶしきがいしゃ)は、日本の投資信託委託会社の一つである。代表者は澤上篤人。1996年7月4日に設立され、当初は投資顧問
HOME