2015-12-17-Thu-15:17

欧州勢の判断は?

前日のニューヨーク市場で、米国が9年半ぶりの利上げを決定したことや米株高を背景にドル買い・円売りが優勢。
 17日東京市場は、前日の海外市場の流れをを受けたことや、日経平均株価の大幅高にも支えられて、ドル円は122円台前半から一時122円64銭程度まで上昇。ただ、上値では短期筋による利益確定などのドル売り・円買いが持ち込まれて上げ基調は一服した。
 ユーロドルは、米欧金融政策の違いが鮮明になったことからユーロ売り・ドル買いが進み、1.08ドル台後半から1.08ドル台半ばへ水準を切り下げた。
 ユーロ円は、ユーロドルの下げに連れて133円台前半から132円台後半へ水準を切り下げた。
 午後は小動き。この後の欧州勢の動向を見極めたいとのムードも強く、積極的な売り買いは手控えられている。

 さて、欧州勢は積極的にドル買いを進めるのか。それとも持ち高調整地合いか。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME