--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-11-30-Mon-15:53

底流は待ち

20151130aa.png
20151130bb.png

上記画像は10分足チャート

20151130ddd.png
20151130eee.png
上記画像は日足チャート


 週明けのアジア市場では、ややオセアニア通貨買いが優勢。豪ドルやNZドルは対円・対ドルで堅調に推移。一方、ユーロは主要通貨に対して上値が重い展開。ユーロドルは1.05ドル台後半、ユーロ円は129円台後半でそれぞれ頭が重い。3日に予定されているECB理事会で追加金融緩和が決定するとの見方が背景にあるようだ。

 ドル円は122円台後半で底堅く推移している。来月のFOMC理事会での利上げ観測が後押ししているだそうだ。

 噂で買って真実で売る。大事なことは目には見えない。

 中国経済の先行きは依然として不透明。春以降、パッとしない。力技で押さえこもうとしているようにみ感じる。鎖国ならいざ知らず、グローバル化が進むなか、小さな蟻の穴でも簡単に崩れされる。

 明日以降の欧米イベントに少し翻弄されながらECB理事会と米雇用統計待ちの展開が続きそうだ。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。