2015-10-06-Tue-19:53

動きたくない!


こんばんは。上記画像は日足。向かって右上から時計回りに、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドル。

過去の値動きが大きく動いた要因は、その頃の出来事と照合すれば、大方判明するでしょう。

夏以降、米利上げに向け、市場参加者の多くは時期をめぐり騒めき、また、情報ソースは輪をかけて囃しだした。しかし、肝心なFRBが資料としている雇用指標ははっきりせず。FRB関係者の苛立ちが募っているのではないか。一部では、来年春とか。大統領選挙の年に動けるのか疑問。

さて、日本。明日日銀金融政策決定会合の結果が判明する。現状維持だろう。
何かあると、日銀を突っつく政治家。やるべきことをやってから、発言するべき。


今年も、あと二カ月足らず。ゆうちょ関連の上場の件で、勧誘電話。

NTTの上場の時を思い出した。意外と似ているのかもしれない。

不注意に動くと痛い目に合うかも。


ドル円やユーロドルはレンジ相場か。米と、逆の金融政策を維持する以上、ドル買い・円売り・ユーロ売りにさらされるだろうが、一段の押し材料に欠けると思われる。



最終判断はご自身でお願いします。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME