2015-09-02-Wed-07:13

下値模索か


日足のチャート。

1日ニューヨーク市場では、ドル売り・円買いが進行。アジア時間 に発表された中国8月製造業購買担当者景気指数(PMI)が3年ぶり低水準。これを受け、世界経済の減速懸念と株式市場の下落を加速。為替市場ではリスク回避姿勢が強まった。 また、米8月供給管理協会(ISM)製造業景気指数は市場予想を下回る2年3カ 月ぶりの低水準となったこともドル売りを誘った。
また、中国人民銀行(中央銀行)は1日、将来に人民元を売ってドルなどの外貨を買う約束をする為替予約について、利用者の負担を大きくする新規制の導入を一部の銀行に通知した。元売りを誘う為替予約をしにくくし、元安で海外への資本流出が加速するのを防ぐのが狙いだ。8月に元の切り下げに踏み切ったばかりだが、さらなる元安は抑える姿勢を鮮明にする。何をしたいのか。
きょうも株価をにらみながら、為替市場はリスク回避ムードに傾斜しやすそうだ。下値模索か。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME