--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-18-Thu-22:37

中銀とのせめぎ合い

こんばんは。
今週注目イベントの一つ、米FOMCが終わった。結果についてはその道のプロに任せよう。
さて、期待通りか、それとも肩透かしか。どちらだったのか。ドル高や寒波の影響で一時的に落ち込んだ米経済。金融政策の正常化を口にした途端、利上げ時期をめぐり、市場が熱を帯びだした。6月だ、9月だと。
しかし、FRB関係者の口はかたくな。ヒントが聞き出せない。まぁ、身を守るだろうことはわかる。

TPPの件もあり、政治の面からも何かしら圧力がかかっているかもしれない。
しばらくのらりくらりか。

一方、明日日銀金融政策決定会合と、日銀総裁の記者会見。金融政策は現状維持との見方が多い。問題は総裁。先週の発言から今週前半の発言。為替水準に言及したため、否応でも関心が高い。慎重に言葉を選んで答えるだろう。期待は難しい。

今週の注目のイベントを経て、為替市場は調整地合いになりそうだ。
まぁ、ギリシャ問題に何かが起きれば、問題外だが。

各通貨とも中銀が考えている対ドルや、対ユーロの水準をめぐる攻防が続くか。

そんなことを考えています。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。