--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-31-Sun-20:04

嫌な感じ

こんばんは。
明日から6月。早いですね。一年5/12が終わろうとしています。

為替は4月下旬からのドル高修正がユーロを中心に進行。ユーロ売りが進みすぎて、ポジションがパンパンだったらしい。それに合わせ、ドイツ国債の利回りの上昇が加わり、ドル売りが優勢へ。あとからつけた理由らしい。機関投資家、銀行などマーケット参加者がいくら弱いユーロを売り続けるにしても、制限がある。起こるべきしておきたのだろう。

さて、ドル円も先週長いボックス相場を抜け、何十年ぶりの円安。一昔なら大騒ぎ。意外と冷静な反応。
4月以降、政治家は静か。TPPを控え、米国からのドル高懸念もあり、箝口令が出たのでは?と疑いたくなる。

昨日までドイツで行われたG7。為替相場の急激な変動は望まない、通貨安誘導は行わいと。
米国と他の主要国や新興国との金融政策の違いを根拠に、ドル買われやすい地合いにあるようだ。なんとなくそう思い込むことが危ない。

G7と冷酒は後から効いてくるとの格言があるそうだ。

そう思う。市場参加者の多くの思惑がドル高に向かっている今が、逆の発想が必要かもしれない。
ドル売りも想定しておくべきだろう。

ちょっと気になったので、書き留めておこうと思う。

慎重に臨みたい。

あくまでも個人的な私見ですので、最終判断はご自身でお願いします。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。