2015-05-14-Thu-15:43

ドル売り圧力が増す

こんにちは。
久しぶりに為替ネタにふれたいと思います。

米4月雇用統計を経て、1-3月期の米経済の落ち込みは一時的なことなのか、まだはっきりしない。今週注目の米小売売上高は市場予想を下回り、一段と判断が難しくなっている。米景気の落ち込みと利上げ開始時期を推し量るには材料不足のようだ。4月下旬以降、ドル売り圧力がかかりやすくなっている。対欧州通貨では顕著。
一方、市場予想通りギリシャ支援問題は先送り。ダダをこねれば、なんとか他の加盟国がしてくれるとでもギリシャは思っている節がある。いばらの道が続くが、当人にとってどれほどのものなのか、量りきれない。
時間だけが過ぎて行く。


今日も一段とドル売り圧力がかかっている。ニューヨーク市場で逆転できるかは懐疑的。雇用指標に期待したい。


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME