2015-04-06-Mon-15:26

潮時

こんにちは。

週明けの東京市場は意外なほど静か。冷静なのか、身動きが取れないのか。明日以降、市場参加者が揃ってからということかもしれません。主導権は欧州勢が握っているのでしょう。


一応、ニューヨーク市場に期待したいところです。


さて、イエレンFRB議長は先月のFOMC後の会見で、ドル高懸念を表明しました。米景気回復の歩みを止めるかもしれないと。実際、危惧していた通りになるかもしれない状況。

ドル高修正の動きが早晩始まりそうです。今後発表される米経済指標の結果次第、ドルを中心に右往左往。すぐ終わるのか、しばらく続くのかはわかりません。

チャンス到来か、ピンチか。
捉え方だと思います。気をつけてください。


明日、豪中銀が政策金利を発表する予定です。据え置きが優勢ですが、噂が先行していることから、豪ドルの動向が気がかり。また、声明文の中身も。



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME