2015-02-26-Thu-18:46

何が起きたのか?

26日欧州市場序盤、主要通貨は対円・対ドルでバラバラの動きとなった。ユーロ売りが強まり、ドル円も本日の安値圏へ下落。一方、オセアニア通貨は対円・対ドルで本日の高値圏へ上昇。
・ドル円は金利差とか?
・格付け会社が中国の経済政策が今後景気を押し下げる可能性を示唆。
・ギリシャの支援をめぐり、ドイツの政局が揉めた。

こんなところかな。
さて、世界的な同時株高の様相だが、安心はできないと思う。なんら前提条件は改善されいない。
中国の景気、不安。明日あたり再度政策金利を引き下げるか?大きな国、維持、管理だけでも大変。
ギリシャ支援と財政問題。感情論が高まってきているだけに、誠意ある対話を何回も繰り返し、希望を示して欲しい。
黒田日銀総裁の会見で、サプライズは考えていない、しっかり目標に向かっていく。

2008年リーマンショク以降、度重なる世界的な金融緩和の結果、あらゆる金融市場では今までない展開になっていると思う。一国が咳をするたびに、世界的な悪寒を感じるようだ。

皆の叡智を集めてこの試練を乗り越えたい。


そんなこと思う。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME