--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-15-Fri-12:26

どう出るか?

15日東京市場序盤、やや円買いが優勢。ドル円は92円台後半で推移。
日経平均株価が軟調に推移していることや、週末予定されいる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議前のポジション調整や国内投資家のリパトリ(資金の本国還流)を見込んだ短期筋が仲値公示前後にショートに傾けたところに、リパトリの円買いが重なり、一時92.59円まで下落。ただ、短期筋は深追いはしないだろうとの声が出ており、ここからは底堅く推移する可能性がある。円買いの動きは限られている。

市場では、いまは不透明感が台頭する中で、もう一段、ドル/円を買い進めていいかどうか立ち止まっているとの声。

さて、いろいろとG20についてのレポートが出始めた。いいか、悪いかは別として、あたりさわりのないようにフォローしているんだろう。

日本に対して、遠回しながらも、釘を刺すか?

週明けが大事だろう。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。