--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-13-Wed-19:02

独り相撲!

13日欧州市場序盤、ユーロ買いが優勢。対ドル・対円で本日の高値圏へ上昇。

G7のメンバーであるカーニー・カナダ中銀総裁は「G20で日本の緩和策が議題に上る見通し」との見解を示しており、「アベノミクス」による円安誘導に批判。一方、G7緊急共同声明の当局者の捉え方はまちまち。明後日からのG20を前にして積極的にドル円を買っていき辛いムード。

昨晩はユーログループのダイセルブルーム議長が、G8も声明を準備していると発言しており、引き続き要人発言で左右される展開が続きそうだ。

一部市場参加者の間では円安傾向の終焉との見方もあり、今週後半は見極めが必要だ。明日は日銀の会合結果も出るため、思惑などに注意したい。

為替相場、市場に委ねる。目標レートを言ってはいけないと。口は災い。為替水準を言うことがはべかれる。政治家の仕事をきっちりやることだろう。

数字のマジックはいらない。実感がほしい。

円売りの流れに修正か?与党の独り相撲か。
答えが一旦出そうだ。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。