2013-01-29-Tue-22:13

金利差!

29日欧州市場序盤、主要通貨は対円・対ドルで上値が重い。

欧州債務問題の先行き懸念が後退し、対ユーロ相場の持ち高調整が進んでいる。

さて、このあとのニューヨーク市場の時間帯では、23:00に米11月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、0:00に米1月消費者信頼感指数等の発表の他、3:00に米5年債入札が予定されている。
ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策発表を明日に控えて、模様眺めになるかもしれない。

そんな中、米国10年物の利回りが注目されている。2%台に上昇すれば、日米金利差拡大との思惑から、一段とドル円が上昇するとの声があるので、用心したい。


引き続き、米国主要株価指数、商品相場、原油相場、債券市場等の動向や、要人発言等に注意したい。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME