--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-23-Wed-07:17

石橋を叩いて渡る

22日ニューヨーク市場では、ポンドが下落。この日、キング英中銀総裁は、必要に応じて追加緩和の用意がある、英中銀の金融政策体制の見直しは理にかなう、と発言したことが背景とみられる。

一方、円は主要通貨に対し下げ渋った。アジア市場に発表された日銀金融政策決定会合の内容は想定されていたものと見方から、一時失望売りとなった。ただ、新たなこともあり、今後もデフレ脱却に向けて政策を行うとの見方から、円安トレンドが崩れていないとみられているようだ。

23日東京市場は、前日の海外市場の流れをうけ、円相場は底堅く推移するのか、様子をみながらかな?あとは株価次第でしょうか。

今日もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。