2010-09-16-Thu-08:35

正念場へ

菅首相は、代表選を経て、再選を果たした。それまで、参議選では、パッとせず。
何をしたいのか、明確な戦略が見えてこなかった。
今回、嫌でも討論をしなければならず、また、政策を訴えなければならず、

自分を追い込んだ形になった。それは、それでいいのだろう。
さて、問題は円高・株安について、市場の評価は低いことが露呈した。
まるで、オバマ米大統領の就任演説のときを思わせる。

しかし、決断をしたことをマーケットに知らしめた!!!


さて、大きなうねりの中、ドル安という中、自民党政権時代のつけを払わせされるのつらいだろうが、相対する野党して、政治に関与してきたのだから、責任を免れることはできない。

米景気低迷が長期化するとの指摘が在る中、政府・日銀の単独介入がいつまで、周りの国から無言を通してもらえるかのか、疑問だ。


今日の週間米新規失業保険申請件数は、前週9州が休日が入ったため、正確なデータではないとか。大きく修正が入る可能性もある。
米景気回復が大幅に遅れる、低迷が長期化するとの見方が、一段と強まれば、ドル売り圧力がかかるだろう。
それのいい例が、15日のドルストレートの上昇だ。円関係は介入で騒いでいる中、ドル安は進んでいる。


来週、その流れが判明するだろう。米FOMCで。


くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME