2009-12-08-Tue-21:16

揉み合い、不透明なマーケット!

米系格付け機関のムーディーズが「ドバイ政府関連の6発行体すべてを格下げ」、「DPワールドの債務格付けをBa1」に引き下げ」、「DPワールドの従来の債務格付けはBaa2」、「ドバイ政府関連の6発行体は一段と格下げの可能性ある」、米国と英国は赤字削減が必要」、「赤字削減なければ米国と英国の格付けの脅威」等の見方を発表した。
日本時間午後8時に発表された10月の鉱工業生産(前月比)はマイナス1.8%(予想1.0%)、前年比もマイナス12.4%(予想マイナス10.2%)とそれぞれ予想を下回った。ユーロ売り、ポンド売り・ドル買いが強まり、他のドルストレート通貨にも波及し、ドル買いが進行した。
方向感が掴めないまま、各通貨とも先週末の米雇用統計前の水準に戻ってきたようだ。
今夜のニューヨーク市場もアジア市場の流れを受け、ドル買い、円買いが続くのか注目したい。また、株価、商品価格の動向に注意したい。くれぐれもリスク管理に気をつけて下さい。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME