--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-28-Sat-00:33

荒れるマーケット。その中で、ドル不信

今週に入り、マーケットは一段とドル売りへ傾斜した。24日に発表された11月3-4 日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によればと、メンバーは、最近のドル相場下落を「秩序のある(orderly)」動きで、質への逃避買いの解消を反映しているとしながらも、ドル安がインフレ高進圧力になる傾向には注視が必要と考えていることが明らかになった。

市場は、米低金利政策が長期化するとの憶測が広まり、ドル売りが一段と加速した。ドル/円は神経質な値動きが続く中、88円台前半へと下落する一方、ユーロ/ドルは1.50 ドル台へ上昇した。その後、ドル/円が88円00銭を割り込むとストップロスオーダーを誘発し、87円台へ突入する一方、ユーロ/ドルは1.51ドル台へ上昇した。


26日欧州市場で、ドバイ政府が、政府系持ち株会社ドバイ・ワールドと系列の不動産開発会社ナヒールが、ドバイ・ワールドのリストラクチャリング(事業再構築)に向けた最初の措置として、数百億ドルの債務について返済延期を債権者に要請することを計画していると発表した。

ドバイの債務問題が表面化し、欧州金融機関について懸念が浮上し、リスク回避姿勢が顕著になり、欧州通貨売り・ドル買いが加速した。ドルストレートの下落を受け、クロス円も連れ安となった。ドル/円も86円台前半へと下げ幅を拡大した。市場では介入待望論もでているものの、米国は緩やかなドル安を容認する姿勢を示唆したことや、原油価格の上昇を伴わないドルの下落で、危機感は薄く、ドル安阻止に向けた協調は見出せないとの見方が大勢のようだ。

27日の東京市場朝方、ドル/円は1995年以来14年ぶり安値84円83銭をつけたが、市場では政府・日銀が午前の市場でドル/円のレートチェックを実施したことが伝わったことから、安値到達後はインターバンクや短期筋の買い戻しが活発化、輸入企業や大手投資家など国内勢の買いも加わり、一気に86円前半まで上昇した。クロス円も一時円買いが進行したものの、ドル/円の上昇に連れ高となった。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。