--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-29-Thu-18:56

米GDpを巡って、波乱となるか?

28日米系金融機関GSが、

今夜29日午後9時30分に発表予定の第3四半期の米GDP伸び率予想を年率換算で

前期比プラス3.0%から同プラス2.7%に下方修正したと発表した。

市場ではこのレポートを巡って、身動きが取れなくなり、傾いたポジションを修正しだしたようだ。

でも、市場予想を下回れば、今週の弱い米指標のこともあり、

リスク通貨選好が後退し、ユーロや豪ドル、NZドル、カナダドル等が売られ、

ドル買い・円買いの動きが強まる可能性が高まるのではないだろうか?


但し、こう書いている私の頭の中、情報バイアスがかかっており、

指標結果を見てみないと判断ができないのではないだろうか。


米7年債の入札もあり、月末を迎えようとしている中、無理は禁物か?


くれぐれもご用心を・・
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。