2009-10-25-Sun-23:01

そんなに甘くないのでは・・・

今月中旬から始まった7-9月期の米企業決算。

概ね良好、市場の予想以上の好結果。織り込んでいる株価、商品市場の年初来高値を更新。

では、労働市場は、住宅市場は改善に向かっているのだろうか?
帳簿上の数合わせではないのか。


ベアーFDIC総裁は、米金融機関の破綻が17年ぶりの水準に達しと述べた。今後も増えるだろうと。

金融街の大手金融機関の7-9月期の決算は好調。何が好調かは知らないが・・・

他方、地方の中小金融機関は逼迫。国土が広く、金融機関の設立ルールも違うからなんともいえないが、
かなり多いようだ・。

地方経済は厳しい環境にあるようだが、地区連銀経済報告だとそんな事には触れていない。
強気だ。


さて、実際本当に回復に向かっているのだろうか、米経済は?


先週末のNY市場は早期利上げ観測とかで、終盤ドル買い優勢とか。
なら、ユーロ、豪ドル、スイスフラン等でドル買いになってもいいだろう、円でもしかりだ。


そうでないところが曲者だと思う。

今週は過去最大規模の米国債の入札が実施される予定。日本時間午前2時。
入札如何によって、為替市場への影響も懸念されそうだが、想像しているほどの結果でないかも知れない。

ただ、国債の買取が今月で終了する予定だけに、気にしておいてもいいのではないか。



それよりも人民元安がネックなのではないかなぁ・・・



そんなこと思うのだが・・




さて、あと数時間でニュージーランド市場が始まる。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME