2009-10-21-Wed-17:46

慎重

英中銀は21日、10月7-8日に開催した金融政策委員会の議事録を公表した。
以下内容
・10月の英中銀金融政策委員会(MPC)、資産買い入れ規模維持を9対0で決定
・政策金利の据え置きも9対0で決定
・中期的なインフレリスクがここ数カ月でどの程度変化したかについてMPC内で見解の相違

事前の英国立経済社会研究所(NIESR)が「BOE(英中銀)は資産買い入れプログラムを中断するべきだ」との見解とは趣が違うようだ。

欧州序盤、マーケットをけん引してきたポンドは対ドル、対ユーロで失速。

一方、ボーラドNZ中銀総裁にタカ派発言を受け、NZドルは対ドルで一段と上昇。


さて、今週のニューヨーク市場は、ドル安、ドル高と交互に入れ替わった。
さて、今夜はドル安か?昨日、ガス抜きが終わっている分、動きやすいのではないだろうか?

ユーロ/ドル、ポンド/ドル等のストレート通貨だが、思った方値動きがない。


注目は、ブラジル中銀の政策金利発表。
ブラジル株式の動向、ニューヨーク市場の株価、ベージュブックの中身・。


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME