2009-10-20-Tue-19:33

ユーロ次第

こんばんは。アジア市場午前、RBA(豪準備銀)議事録(10月6日開催分)が公表された。その中で、「低金利は最早必要ではない」との見解が示された。

市場は豪ドル買い・ドル売りに反応し、他の通貨へとドル売りの流れが波及し、ユーロ/ドルは1.5000ドル台手前まで上昇したが、失速。

午後に入り、藤井財務相の「今の円高はドル安からきていること否定できない」、「輸出のため意図的に円安に振った時期あり、反省必要」等の発言が伝わった。市場は円買いに傾斜した。

欧州市場序盤、欧州株は前日比マイナス域へ下落。その後、上値の重い展開。為替市場は小動き。ユーロ/ドルは底堅く推移し、1.49ドル台後半で一進一退。

このあと日本時間午後9時30分に9月の米生産者物価指数(PPI)、9月の米住宅建築許可件数、9月の米住宅着工件数、カナダの8月の卸売売上高、カナダの9月の景気先行指数の発表が予定されている。また、午後10時にはカナダ中銀の政策金利の発表が予定されている。現行0.25%据え置きが大勢のようだ。ただ、最近のデータでは景気回復への兆候があるだけに油断できない。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME