--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-19-Sat-13:00

来週は?

こんにちは。
9月14日から一週間を振り返れば、ドルが対ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル等で下落した。15日にバーナンキFRB議長は講演で、「米国の景気後退が終わった公算が大きい」との見解を示した。米国の主要な株価は、年初来高値を更新。原油価格は1バレル=72ドル台、金価格も1オンス=1000ドル台へとそれぞれ上昇した。世界的な株高や商品市場の上昇などを背景にリスク許容度が改善し、安全資産としてのドルの魅力が低下したようです。
来週21日から一週間、引き続き、ドル売りの流れは続くのではないかとの見方が出ているようです。週前半は日本勢が連休中ということもあって、ドル売り圧力がかかりやすく、ドル/円の下振れリスクを指摘する声が聞かれているようです。一部市場では7カ月ぶりの90円割れも有りうるのではないかと予想しているようです。中には、ドル/円の90円台にはストップロスオーダーやオプションも多く一時的値動きが荒くなるのではないかとの見方もあるようです。また、市場参加者が減ることによって、流動性が減少しやいので注意が必要だと思います。

そんな中、ドル売りがどこまで続くのかの判断材料として、22日からの米連邦公開市場委員会(FOMC)や24-25日からの20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)が注目されています。 

しかし、市場では各国の緩和政策のなかで過剰流動性があふれ、緊急的な緩和政策から出口戦略についての期待が高まっているものの、現実に難しいのではないかとの見方もあり、しばらく現状のままの状態が続くのではないかとの見方もあるようです。

一時的なドル買い戻しの動き否定できませんが、目先ドル安終息の展望は望めないのではないでしょうか?
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。