2009-07-22-Wed-17:07

しょうがない・・・

好調な米企業業績を背景に、米国主要株価はへこたれない。

金融機関の不良債権もまだ完全には処理できていないと思われるが、第2・四半期の業績は好調だ。

バーナンキFRB議長も半期の金融報告で、経済見通しについて底を打ったとの判断。しかし、インフレ懸念は誤解、長期にわたって金融緩和を持続する意向であり、失業率は高止まりの可能性を示唆。

雇用面の改善がないまま、成長に入る可能性も出てきたのではないでしょうか・


今夜は上院で議会証言。昨日と同じテキストだろう。
もっとも発言が違うようであれば、波乱材料だろうが・・、その可能性も低いだろう。

弱いドル、円、ユーロも。

為替市場は、抜きに出た通貨が少ないようだ・。

投資商品から見れば、目おとりがするのではないか。

寄せては返す波、引き潮のときほど用心
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME