2009-06-21-Sun-16:42

ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、カナダVS米ドル、そして円

こんにちは。
梅雨空に逆戻り、蒸し暑い日曜日の午後。

明日から始まるマーケットは、どんな展開になるのでしょうか?

前週後半、ドルが対主要通貨で下落する場面も見られたが、全般に方向感が掴みづらかったのではないでしょうか。今週も方向感の出にくい相場展開になるか、米FOMCや過去最大の米国債の入札などに市場の関心は集まっているようです。

25日日本時間午前3時15分に発表予定の米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文に注目度が高いようです。G8財務相会合のスタンスと同様な立場を取るようであれば、ドルの下落につながる可能性も否定できないようです。

また、過去最大の米国債が、23日に400億ドルの2年債、24日に370億ドルの5年債、25日に270億ドルの7年債のそれぞれ入札が予定されている。米長期金利が上昇すれば、景気停滞の長期化の恐れも浮上する。

今回の入札が順調に消化されるのか、それとも不調に終わるのか市場は注目。

もし、不調であれば、米金利低下からドル安につながるのではないかとの見方が有力のようです・

その時、市場に潤沢に出回っているリスクマネーは、原油価格、金価格、商品相場へと流入をつよめるのか、ご注意下さい。19日NY原油先物価格は前日比1.82ドル安の1バレル=69.55ドル、NY金先物は前日比1.60ドル高の1オンス=936.20ドルでそれぞれ引けた。

資源国通貨、景気回復期待が強い通貨への動きとなるのか、ひとつの方向が見えてくるかも知れません。


くれぐれもポジション管理には気をつけて下さい。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME