2009-05-21-Thu-18:07

急落!ポンド

格付け機関S&Pが「英国の格付け見通しを安定的からネガティブに変更」したことが嫌気された。対円では149円台半ばから147円台半ば、対どるでも1.58ドル台前半から1.56ドル台前半へとそれぞれ急落。この動きを受けて、他の通貨にも波及。


さて、今夜も米国株が8500ドル台の攻防か。米系金融機関の増資を発表後、市場はなかなか消化できないでいるようです。ガイトナー財務長官も金融システムは安定しつつあるとの見解を表明しており、金融機関の増資が順調に進むかどうかが鍵になるのかも知れません。

日本時間午後9時30分に米失業保険申請件数、午後11時に5月のフィラデルフィア連銀指数、4月の景気先行指標総合指数、ガイトナー財務長官の議会証言等の発表が予定されています。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME