--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-14-Thu-18:33

され、どうしようか??

様変わりのマーケットに困惑気味と言ったところうでしょうか。
昨日の4月の米小売売上高の弱い指標内容や、米国債格付け引き下げされるのではないかとの報道などを背景に、市場心理は急速に冷え込んでしまったようです。また、ユーロ圏も指標内容が弱く、ECB理事会メンバーが今後の金融政策について相次いで発言するものの見解の相違となり、この間トリシェECB総裁が発言を慎むように促したばかりだが、決して一枚岩となっていない印象を市場に発信したのではないかとの見方が広まったようです。ポンドも英中銀のインフレ報告を嫌気されたようです。

14日のアジア市場は全般に小動き。欧州市場序盤も様子見。

さて、注目と考えらるのは、日本時間午後9時30分にの4月の米生産者物価指数(市場予想前月比+0.1%・前回-1.2%)、生産者物価指数ーコア(市場予想前月比+0.1%・前回±0.0%)、米新規失業保険申請件数(市場予想61.0万件・前回60.1万件)などの経済指標の発表が予定。
引き続き、米国株の動向次第でしょうか。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。