2009-03-29-Sun-18:28

今週は??

 先週、ドルは対円を除く主要通貨で弱含みとなったと思います。特に欧州通貨を中心にした動きが目立ったのではないでしょうか。米長期金利が下落している事が材料視されて、ドルは一時対主要通貨で軟調地合い。ユーロドルは1月9日以来の1.37ドル台まで上昇。ポンドドルも1.47ドル台後半まで上昇。インフレターゲットを導入している英国では、2月の英消費者物価指数-前年比がプラス3.2%と市場予想プラス2.6%を上回った。この結果を受け英中銀のインフレ目標である2%からのかい離が1%を超えたため、キング英総裁は政府への説明の書簡の送付を余儀なくされた。ダーリング財務相に説明した書簡の中で、インフレ率が高水準を保っている理由を、「消費者物価指数はポンド安の影響を反映している可能性がある」と指摘したが、一方では、「エネルギー価格下落と需要の伸び鈍化が浸透すれば、今後数カ月以内に消費者物価指数は再び急激に低下する」と予想していることを表明。しばらく、綱引きが続きそうな予感がします。一時ポンドは対ドル、対ユーロで強含みとなりました。
 
  ユーロとポンドが日替わりで対ドルで強含みとなる中、25日ガイトナー財務長官がIMFの特別引出権を外貨準備にするという中国の提案に対して、「検討しても良い」と発言。マーケットは一時ドル売りを強めました。すぐに「ドルが世界の中心的準備通貨であり、米国政府はそれにコミットしている」との訂正とも取れる発言。一転、ドルの買い戻しへ。一方、ドル円はやや蚊帳の外か、97円台を挟んで往来。しかし27日金曜日、欧州市場から欧州通貨売り/円買い・ドル買いの動き強まりました。週末を控え、ドイツ財務相のユーロに関する発言や弱い英指標を受け、ユーロやポンドが週前半の上昇分を帳消しするに下落。市場では、来週のECB理事会を控え、積極的にユーロを買い進める地合いではないとの見方が台頭。また、週末前に持ち高調整の動きやテクニカルな仕掛けがあったのではないでしょうか。

 先週のFOMCを機にドル買いの動きから徐々にドル売りの動きへ流れが変わってきたようです。この流れが継続するのか注意が必要かと思われます。

 さて、来週から欧州市場が夏時時間になります。これに伴い、欧州の経済指標等の発表時間が現在の日本時間より1時間早まりますので、くれぐれもご注意をして下さい。

 来週の主な経済指標の目を移せば、30日に3月の米ダラス連銀製造業活動指数、31日に2月の日本の失業率、有効求人倍率、南アフリカの2月の貿易収支、3月の米シカゴ購買部協会景気指数、3月の米ISM製造業景気指数、4月1日に日銀短観(日本銀行が景気の現状と先行きについて企業に直接アンケート調査をするもので、「企業短期経済観測調査」)、3月の米ADP雇用統計、3月の米ISM製造業景況指数、2月の米中古住宅販売保留、3日に3月の米雇用統計、3月の米ISM非製造業景況指数等の発表が予定されています。中でも、4月1日の日銀短観と3日の3月の米雇用統計に注目が集まるのではないかと思います。まず、日銀短観で、市場が注目するのは「主要企業・製造業の業況判断DI」です。市場予想は大企業製造業の業況判断DIが市場予想平均マイナス55と悪化幅は過去最大が予想されています。日本の景気後退が一段と強まる中、結果如何によっては、株式市場への影響も大きく、為替市場では円売りが強まる可能性も出てくるのではないかと思います。一方、依然として米労働市場の改善の兆しが見えてこない中、3月の雇用統計は重要な意味を持つのではないかと思います。市場予想では、非農業部門雇用者数変化が65.7万人減少、失業率もマイナス8.5%と一段と悪化するのではないかとの見方が広まっています(3月27日時点のデータより)。米政権も雇用市場の悪化は既に周知し、公言しているものの国民感情からすれば、一日も早い目に見える成果を出してほしいと思っているのではないかと思います。

 4月2日には欧州中央銀行(ECB)の政策金利の発表が予定されています。現行は、1.50%。市場予想では0.50%追加利下げの1.00%にするとの見方が有力のようです。しかし、最近のECB関係者の発言を見ると、利下げ幅も含め非伝統的な金融政策を取り入れる可能性もありうるのではないかと深読みしてしまう。金利について、市場予想通りであれば、その後のトリシェECB総裁の記者会見に注目が集まるだろう。東欧諸国の金融システムや景気後退懸念が強まる中、依然として信用リスクが払拭された訳でないと思います。一方的、ユーロ高が進むと考えにくいのかも知れません。
 また、北朝鮮のミサイル発射実験がより現実を帯びてきている中、地政学的リスクによる影響も頭の隅に置いておいてください。いずれにしても波乱含みの一週間になるのではいなかと思います。くれぐれもポジション管理には気をつけて下さい。

 そろそろお花見の季節ですね。風邪など引かないように注意して楽しんで下さいね。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME