--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-27-Tue-18:14

安心剤か???

こんばんは。
今日もいろいろとマーケットを動かす材料や要人発言があり、市場は素直な反応を示しているようです。日本の公的資金注入の発表。円売りが活発化。ドル円は89円台前半から一時90円台、ユーロ円も117円台から119円台、ポンド円も124円台から127円台へとそれぞれ上昇した。

 イングリッシュ・NZ財務相が「景気低迷に対応するため、中銀は利下げを継続する公算が大きい」との見方を示唆。
一時NZドルを売りを誘う。対ドルで0.52ドル後半から半ば、対円でも47円台半ばから46円台後半とそれぞれ下落。上値の重い中、欧州市場に入ってからは、対ドルでは一時0.53ドル台前半、対円でも47円台後半まで反発、しかしシドニー市場のNZ財務相の発言が材料視か、反落。対豪ドルでも1.2578NZドルと、昨年8月13日以来の水準へ達した。

 昨日の続き、ユーロやポンドは対米ドルで堅調に推移。欧州を取り巻く金融不安がやや後退。しかしながら、根本的な金融市場を含め市場環境の回復にはほど遠い状況が続いています。どこまでこのムードが続くのか、十分気をつけて下さい。

 さて、午後6時に発表されたドイツIFO景気動向は83.0と予想81.0を上回り、前回よりも改善。ユーロ買いが強まりそうだ・・
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。