2009-01-21-Wed-18:18

試練

昨日、海外市場では世界的な金融機関の健全性や業績の懸念が再燃。信用収縮が高まったのではないでしょうか。また、主要国が景気刺激策の財源として国債の大量発行の可能性が指摘されており、各国の財政赤字の悪化懸念も囁かれています。

今日も欧州勢の登場からポンド売りが強まっています。英中銀は昨日追加支援策を発表。一部英銀行の国有化の可能性も視野に入ってきたようです。上記で述べたとおり、好景気の時の債券発行に買い手は多いとも思われるが、今魅力がないどころから危ういのだろう。やはり、安全な逃避先と米ドル・円へと投資資金のシフトか?ポンド売りの流れは他のユーロやスイス、資源国通貨へと波及。ドル円はやや遅れて推移。今夜、米株式市場が反発できるかどうか、でしょうか?
くれぐれも取引に参加される時は、十分気をつけて下さい。今の水準が高い・安いはありません。また相場は生き物ですから・・。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME