--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-20-Tue-20:29

ままならず・・・

こんばんは。
毎日、予想・想定外の動きになっているようです。
今週、ここまで欧州通貨売り・ドル買いの動き。この動きが他の通貨へも波及しているようです。10月27日の安値1.2336ドルから12月18日の高値1.4717ドルの値幅0.2381ドルにフィボナッチで計算すると下記のようになります。戻り安値の水準。
23.6% 1.4155
38.2% 1.3807
50.0% 1.3527
61.8% 1.3246
76.4% 1.2898
以上からすると7.64%戻しの1.2898がターゲットになると考えられる。

いろいろと後付を探してみれば、欧州委員会でトリシェECB総裁がユーロ圏の12月の景気悪化が予想外の速さで進んでいるとの認識を示した。来月のECB理事会は重要ではないと発言したが、今後さらに悪化を招けば、対応を迫られることになると思われる。英国も必死。住宅市場の悪化に金融機関の健全性が危ぶまれ次々に追加の公的資金を注入を発表。一方、対照的に震源地の米国は、悪いなりもオバマ新政権の誕生をテコになんとか希望を見出そうとしているのではないでしょうか。
一時的な悪化は覚悟の上でも、期待が先行か。欧州から米国へ、資源国から米国へ、一時的な避難となるのか、それもと始まりとなるのか。今は、静観がいいのかもしれない。

はずればかり・・
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。