--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-04-Thu-11:27

反応次第か・・・

今週ここまで発表されたユーロ圏、英国、米国各経済指標の結果は、景気後退入り、個人消費の悪化等、すでにいわれていることの裏づけになっているようだ。


豪州は、思い切って1.00%追加利下げを断行、まだ余地あり。
今朝のニュージーランドも1.50%と市場予想通りの利下げを実施。

いずれの結果に対しても市場の反応は、冷ややか・・・

織り込み済みというよりも、どうせ最終地点は見えていると言ったところか。


今夜は、英中銀、ECBと金利を下げるだろう。
どれくらいかは、すでに各種報道で報じているようだ・・
米国も景気悪化、それよりも欧州はひどいかもしれないとの見方もあり、米ドルかユーロ、ポンドのいずれかといえば、米ドルだろうか・・・
行くとろがない・・

しかたなく、米ドルと円に一時避難、債券へ非難。

また、ゴールドマンサックスが大幅な赤字計上をするのではないかとの報道もあり、15日の週からの米系金融機関の第4四半期の決算に向けて、噂や憶測が飛び交い、あわせて、米FOMCが16日に予定されおり、クリスマスまで波乱を招きそうな動きがあるのではないかと思う。


噂ほどでも・・・


結果がすべてか・・・


くれぐれも最終判断は、ご自身で・・・
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。