--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-28-Tue-11:20

転換??

さて、米大統領選の行方はどうなるのだろうか?米発金融不安が世界中を猛スピードで包み込み始めている。そんな中、8年間に渡ってホワイトハウスの主として君臨してきた大統領の交代時期が近づいてきました。その間の政策、主義、主張等について賛否両論はあると思いますが、それを止められなかったのも事実だと思います。

現在、民主党オバマ氏と共和党マケイン氏両氏が激しい最後の攻防を繰り広げています。いろいろな報道に触れる限りでは民主党オバマ氏が優勢のようです。市場参加者の間では、どちらが大統領になるかによって今後の金融政策のシナリオが違ってくるようです。民主党オバマ氏が勝利するようであれば、一時的にせよ米経済の悪化速度を弱める可能性が出てくるとの見方があるようです。

一方、共和党マケイン氏が勝利した場合、ブッシュ政権の悪いイメージを受け、さらに米経済の悪化が加速するとの見方があるようです。また、今の政権内で従事している人も大幅に入れ替わります。振り出しに戻らないこと祈りたい。いずれにしても、11月4日には米大統領選が実施される予定です。今後の米国の行方、世界の行方を占う上で重要な日になるだろうと思うのだが・・・。


しかし、そんなに大きな転換は望めないか・・・
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。