--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-14-Tue-11:22

一息、でもそう簡単では・・

一体、誰が招いた世界的な金融危機。
自社の企業業績をよりよく見せようとし、いつのまにか倫理観を喪失。企業トップは法外ともいう報酬をもらっていた。
自分で最後まで責任をとらず、一線を退く・・

そして、当該国の国民の税金の投入。
企業は助かるかもしれないが、リストラの嵐だろう・・。
税を払う人に対してなんら保障はないと思うのだが・・・


さて、記録的なNYダウの上げ幅。米国をはじめ欧州・英国、オセアニアまで金融支援策を発表。市場参加者の催促をすぐ実行したようだ。これから問題になっている銀行間の短期資金取引コスト(ロンドン銀行間取引金利、LIBOR)が低下を続けるかどうかが鍵を握っているだろう。また、米債券市場で安全資産として米国債買いが後退するか、あるいは復活するかも市場の関心事だろう。


川の流れのように川上の氾濫は、川下に想像以上の被害をもたらすだろう・・。

まだまだ、混乱の渦にいると思う・・・
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。