--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-01-Wed-22:03

あれぇ!!

こんばんは。
NYK市場の早朝、日本時間午後8時50分ごろ。対ドルで欧州通貨や資源国通貨が下げ幅を拡大。ユーロドルは1.41ドル台半ばから一時安値となる1.4000ドルをつけ、ポンドドルも1.78ドル台前半から1.7732ドルの安値をつけた。対円通貨も連れ安となりユーロ円は150円台から安値148円80銭へ、ポンド円も189円台前半から一時安値となる188円47銭へそれぞれ推移。豪ドル円は85円台から安値84円16銭をつけた。日本時間午後9時15分に発表された米9月ADP雇用統計の結果は▼8000人と事前予想▼5万人ほど悪化せず、3日の雇用統計に対する見方が市場参加者の中で和らいだ模様。


欧州主要国の首脳が金融危機に関する会合をする用意があるが、日程は決まっていないとの報道もあり、市場参加者の間では神経を尖らせているようです。


金融市場の混乱の収束に向け当該国金融関係者の動きが慌しくなってきたように思います。NYK市場では、米上院の審議が始まります。大方の見方では米金融安定化法案が可決するのではないかとの見通しのようですが、下院のこともありますので、情報を信じるにはやや危険かもしれません。


明日の明け方どうなっているのか???


下記画像は、時計まわりに右上から豪ドル円、ユーロドル、ユーロ円、最後ドル円の5分足チャートです。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。