FC2ブログ
2006-11-29-Wed-23:59

ニュージーランド・期待サーベイDecember 2006 report

こんばんは。
11/21のニュージーランドの企業経営者・期待サーベイ。11/8に実施。

出所:ニュージーランド準備銀行より。翻訳機で

Introduction
The Reserve Bank of New Zealand Survey of Expectations is a New Zealand-wide quarterly survey of business managers. ACNielsen conducts the survey on the Bank's behalf. Respondents are asked for their expectations of future outcomes of a range of key macroeconomic data.

序論
Expectationsのニュージーランド準備銀行Surveyは営業支配人のニュージーランド全体の四半期調査です。 ACNielsenはBankに代わって調査を指導します。 応答者にさまざまな主要なマクロ経済のデータの将来の結果への彼らの期待を求めます。


The latest RBNZ Survey of Expectations was conducted on the afternoon of Wednesday 8 November 2006. Note that the results of the survey represent expectations held by respondents and in no way represent the views or forecasts of the Reserve Bank. Graphs and figures in the following report refer to the mean expectation levels of respondents.

Summary of Results

Expectationsの最新のRBNZ Surveyが2006年11月8日水曜日の午後に行われました。 調査の結果が応答者によって保持された期待を表して、準備銀行の視点か予測は決して表さないのに注意してください。 以下のレポートのグラフと図形は意地悪な期待レベルの応答者について言及します。

結果に関する概要


nflation expectations for both the one and two year horizons have fallen. Average one-year-ahead Consumers Price Index (CPI) inflation expectations dropped significantly, to 3.0%. This is a fall of 0.5 percentage points on the one-year expectation recorded in the last survey. Two-year-ahead expectations also fell, from 2.9% in the last survey to 2.7% now. The median two-year rate is 2.8%.
 ここ1年、2年の地平線へのインフレ期待は下がりました。 1年先で3.0%までかなり落とされたConsumers Price Index(CPI)インフレ期待を平均してください。 これは最後の調査に記録された1年の期待での0.5のパーセントの低下です。 また、2年先に、期待が今や、最後の調査における2.9%から2.7%まで下がりました。 中央の2年のレートは2.8%です。06.1121rbnz4.jpg

Expectations of quarterly movement in the CPI for the next two quarters also fell in this survey. On average, respondents expect a quarterly increase in the CPI of 0.5% in the December 2006 quarter, compared with 0.9% expected for the December quarter in the last survey. A quarterly increase of 0.7% is predicted for the March 2007 quarter.
These quarterly increases are equivalent to annual rates of 3.4% for the year to December 2006 and 3.5% to March 2007

また、隣の2回の四半期へのCPIにおける四半期の運動への期待がこの調査で下がりました。 平均的に、応答者は、2006年12月の0.5%のCPIの四半期の増加が宿営すると予想します、12月の四半期の間、最後の調査で予想される0.9%と比べて。 0.7%の四半期の増加は2007が宿営させる行進のために予測されます。
年から2006年12月、3.5%に、これらの四半期の増加は3.4%の年率に2007年3月まで同等です。

06.1121.rbnz.jpg

スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME