2008-09-21-Sun-17:41

明日からは???

こんばんは。
先週、深刻化する金融危機に対して米当局や米金融当局、当該国の金融当局はなんとか歯止めをかけようと行動を起こし、ようやく混乱が収まりかけたきたのではないでしょうか。先週金曜日の海外市場のドル円を除いた主要通貨でのドル売り・円売りは市場参加者の期待の表れかもしれません。ユーロドルは1.42ドル台前半から1.44ドル台後半へ、ポンドドルは1.79ドル台後半から1.83ドル台後半へ、豪ドル円は86円台後半から89円台後半へ、NZドル円は72円台前半から74円台へとそれぞれ推移。高値圏で引けた。
朝日新聞21日の日曜日版には、「米の不良資産買い取り制度とあり、総額最大75兆円と極め巨額な規模を想定しているこが明らかになった」とのこと。これで明日から市場は、金融不安に対して安心して望めるかどうか、疑問かとも思います。同紙面に財政赤字が過去最悪水準に達し、不良債権の買取よる財政悪化でドル安が進む可能性を指摘しています。今週、検証の週かもしれません。


また、一方では、南アフリカのムベキ大統領が辞任へ!!と同新聞が報道。「与党アフリカ民族会議(ANC)から20日受けた退陣要求を受けいる形」との記事。後継人事ははっきりしないとのこと。明日からランドの動きに注意が必要だろう。政局不安にならなければいいのだが・・・


では、今週もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME