FC2ブログ
2008-08-22-Fri-19:42

やはり米ドルか???

日本時間午後5時半に発表された英国の4-6月期GDP改定値の結果は、前期比±0.0%と速報値0.2%から下方修正。景気後退(リセッション)期にあった1992年第2四半期以来の低い伸びとなりました。前年比も+1.4%と速報値1.6%から下方修正。1992年第4四半期以来の低い伸びとなりました。個人消費も前期比▼0.1%と速報値1.3%から下方修正。2005年第2四半期以来低水準。ユーロ圏の経済指標も弱い結果となったことも重なり、ポンドやユーロが弱含み。英国に関しては、弱いデータを受けて英中銀による利下げ観測が一部市場参加者の間で強まりだしたようです。ポンドドルは1.86ドル台半ばから一時安値1.8577ドルをつけ、対円でも203円台後半から安値202円83銭をつけました。
ユーロドルも欧州勢の登場から1.48ドル台後半から安値1.4827ドルをつけ、対円も162円35銭の高値をつける場面もありましたが、ユーロ安に連れてか162円台を挟んでの揉み合いとなっています。

このあと、目立った材料のない中、バーナンキFRB議長の講演が日本時間午後11時に予定されています。世界的な金融不安が高まりを見せる中、同議長の発言内容によって波乱となるかもしれません。

原油相場、株価、要人発言が市場の関心時か。それとも地政学リスクか、世界のバランスか、重箱の隅を突っつくようなことばかりかなぁと思います。

では、かなり早いですが、今週もいろいろありがとうございました。
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME