--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-19-Tue-20:25

迷う・・・

本日のシドニー市場において、豪準備銀行(RBA)が発表した8月5日理事会の議事録で、「早期の利下げもあり得る」との認識に達していたことや、11日公表の金融政策声明でも利下げ余地を示唆。9月2日の政策金利発表にむけ、一部市場参加者の間では利下げを織り込みだしたようだ。

一方では、18日付の米投資週刊紙が、米政府系金融機関に公的資金を注入する可能性が高まっているとの報道を受けか、当日の米株式市場は軟調地合いとなり前日比マイナス引けとなった。その影響は、19日の日本を始めアジア各国の株式市場も軟調地合い。

欧州市場に入って、一時米ドルが先行。欧州要人の発言もあり当該国は、一時軟調地合いとなった。ニューヨーク東部時間午前7時ごろ、日本時間午後8時ごろ、急にドル売りが強まりだした。欧州株の軟調地合いやNYダウ先物株指数が本日の安値圏で推移。ドル円は109円台後半から一時安値となる109円67銭をつけ、なおも安値圏で推移。ユーロドルは、ドイツの経済指標の結果を受け一時ユーロ買いが強まったが、現状のユーロ相場や原油安を考慮にいれれば素直に喜べる内容ではないとの見方が一部であるようだ。だが、この時間になって1.4665-75ドル付近から高値1.4706ドルをつけた。


さて、午後9時30分には米経済指標を控えています。また、前日の影響を受けて、米株式市場が引き続き軟調地合いとなり、マイナス幅を拡大するのか。それとも持ちなおすのか。
毎回のテーマが、今夜も続くのか???


では・・・
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。