FC2ブログ
2008-07-25-Fri-05:44

ダウ急落!!さてどうする

おはようございます。

24日の終値
NYダウ工業株30種 :(前日比▼283.10) 11349.28
S&P500種    :(前日比▼29.65) 1252.54
ナスダック総合指数  :(前日比▼45.77) 2280.11
原油相場:(前日比プラス1.05) 1バレル=125.49ドル
NY金先物:(前日比▼0.50)   1オンス=922.30ドル

24日のNYダウは売り一色となった。
米大手自動車メーカーの4-6月期の決算が過去最大の赤字となった。
7/19週終了分の新規失業保険申請件数も約4ヵ月ぶりとなる40万6000件と高い水準。また、6月の中古住宅販売件数も486万件と1998年に483万件を記録して以来の低水準となった。
改めて、米国の労働、住宅市場の低迷を露呈した形となったようだ。また、この日発表されたユーロ圏や英国の経済指標も市場を予想を下回った。
ドル円は107円台後半から一時107円台半ばへ下落する場面もあったが、一旦は戻し107円60銭近辺で揉み合いとなった。ユーロドルは1.56ドル台後半から一時高値1.5712ドルをつけたが、ユーロ買いは続かず下落、安値1.5631ドルをつけた。
対円通貨の下落が目立ったNYK市場。
ユーロ円は168円後半から安値167円97銭、豪ドル円は103円台半ばから安値102円63銭、カナダ円は106円台後半から105円90銭の安値をそれぞれつけた。


今年に入って市場の波乱要因の原油相場は、小動きのうちに1バレル=125.49ドルで引けた。


さて、25日(金)。
一足先に終わった欧州株式市場も軟調地合いで引けた。
米株式市場の下落を受けた日本株やアジア株の動向に注意かと思います。
目先、日本時間8時30分には日本の7月の消費者物価指数の発表が予定されています。
その後は、株価の値動きを見ながら、週末モードか?
欧州時間に入って、米先物株価指数や欧州株の動向に注目が移ると思います。

いつもながら個人的には思うのですが、週末をむかえたころ波乱材料が出てくるようです。
対応に苦慮します。
はぁぁぁ・・・・・


では、お疲れ様でした。





スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME