--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-30-Mon-16:16

変るか・・・

こんにちは。
今月もありがとうございます。



さて、今週。米国7月4日が独立記念日ということもあり金曜日は休日。その関係で3日に雇用統計が前倒しとなり、同日ECBの政策金利の発表、トリシェECB総裁の記者会見と重なります。
月末・月初の週でもあり、なにかと当該国の経済指標の発表が集中しているので、十分注意が必要かと思います。



テクニカル面でドル円の日足を中心に考えてみたい。
下記数字は、日足の安値のレートです。
3月27日の安値98.56
5月22日の安値102.76
5月26日の安値103.12
6月3日の安値103.88
6月9日の安値104.42
6月27日の安値105.85のそれぞれを結んだライン。

本日用のピボットで基準値は、106.41。ここの水準には到達せず。
買い②は105.59となっているが、このラインを下抜けするようだと流が変るかもしれない。

また、日足の高値のレートに注目してみると
2007年10月15日の日足の高値117.20から12月27日の日足の高値114.66、6月10日の日足の高値107.43とそれぞれ結んだライン。
それに200日の移動平均線が重く圧し掛かってきているように思います。

両線の交差しているあたり106.50近辺が上抜けするかどうか、注意したところかと思います。


依然として当該国の経済指標や原油相場、欧米株式市場また金融市場の信用不安と材料に事欠かない状況下ではありますが、今週は、山場かなと個人的には思います。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。